プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DATE: CATEGORY:コラム
米テロ報復の賛否があちこちで上がっています。先日発表された世論調査の数字では「支持する66%」「支持出来ない32%」となっていて、支持すると答えた人の男女比が、男性76%、女性56%。「医療、難民救済の支援52%」が最も高い数字となっています。
これらの数字は、時が経つにつれもう少し流動的に変わって行くのではないか、と私なんかは思いまして・・・。どうしてそう思うのかと言いますと、私自身、頭と心の中で気持ちがせめぎあっていて、支持する気持ちもあれば、支持出来ない気持ちもあるからなのです・・・。
新聞で「権力者側の意図に乗った報道をするジャーナリズムは、個人がどこにも存在していない」というコメントを読んで、ふむ。と頷く自分がいて、難民女性の「タリバンは女に商売も通りを歩くことも許さない。これまでの生活で楽しいことなど何もなかった」というコメントにやるせない気持ちになり・・・。
9/30放映の「ニャンダー仮面」は、とても考えさせられる内容でした。ニャンダー達がいるキャットタウンにネズミのチュウ族が攻撃をしかけるんですが、ニャンダーは「戦ってはいけない」と、懸命に訴えるのです。チュウ族は、これまでネコに散々いじめられてきた!と、その憤りをぶつけます。「ニャンダーだってネコの味方のクセに!」と、言われ、ニャンダーは「そんなことない。僕は助けてと呼ばれれば、誰でも助ける」と言い切ります。戦いの最中「助けてー」と呼ばれて、ネコとネズミの両方を助けるニャンダー。度ある毎に「一緒に暮らしていけるように話し合おう」と、みんなに言い続けます。ストーリーは、終盤ニャンダーが巨大な像に圧し潰されてしまい、まさか!という局面になり、みんながニャンダーを助けようと必死になっているところへニャンダーが自力脱出し、そのシーンを見ていたチュウ族の長が折れて戦いはやめる、となります。
このお話を見ていて、世界のどこかにニャンダーがいればなぁ、と、正直思いました。ニャンダーとなるべき役割の国は一体どこなのか・・・。誰が何をすべきなのか・・・。我が国の立場は・・・。
政府の決定は私たちの決定だという認識。テロ報復を支持する日本はテロ対象国となり、狂牛病は食を脅かす。今、日本の危機管理は自分達の手で違う方向へと転換期を迎えているような気がします。生きる上で大切とされる「衣食住」の「食」と「住」に危険迫る日本。命を預かる立場の身として、個人レベルの命の危機管理の高まりを否応無しに感じる現在なのであります。  (r)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。