プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「本」のこと
リストラの波は、ついに図書館まで――。

東京都は財政難のために来年度より都立図書館の運営を見直し、本を図書館毎ではなく一括購入して支出を減らす方針を固めたという。
現在都立図書館は日比谷、中央、多摩の三箇所にあり、今後は同じ本は原則として三館に1冊しか置かず、重複する在庫も順次処分していくとのこと。また、多摩に児童書や文学サービス機能を集中させることも決定。これによって効率化も計れるというのだが――。

現都知事はたしか作家出身だったと思ったのだが、よくこんな計画が立案されたものだ。
効率化といっても隣接する地域ならいざ知らず、千代田区(日比谷)・港区(中央)それに立川市(多摩)では、あまりに離れすぎている。
それに三館に1冊とは、利用者のことなどまるで眼中にないとしか思えない。ただでさえ人気の本は順番待ちが続いているし、しかもはるばる出掛けて無駄足ということにでもなれば、何のための図書館なのかさっぱりわからない。これでは図書館ではなく、ただの書庫である。
この「本のリストラ」には利用者からの反発の声も高く、方針撤回を求める署名活動も始まっているそうだが、当たり前だ。当然出版業界からも批難の声があがっている。
しかも児童書を集約するという多摩は、なんと利用者は13歳以上という年齢制限があり、これでは肝心の子供が借りられないというお間抜けさ。こんなデタラメなことをしているから行政はダメなんだと言われても仕方ないだろう。
本代をケチってどれほど財政が潤うのか。それよりももっと無駄遣いしている部分や、使途が明確でない金銭の動きなどに目を光らせたら如何だろうか。 (e)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。