プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
どちらも息の長い人気キャラクターで、最近でも新作が作られたりゲームでリメイクされたりしているが、この2人に共通しているのは演じていた声優が既に物故されていることである。ルパン三世は山田康雄、『宇宙戦艦ヤマト』の古代進は富山敬、いずれも人気実力ともに兼ね備えたベテランだった。
そのキャラクターを継続させるに当ってはここでガラッと配役を変える手もあったはずだが、どちらのスタッフも極力イメージを損なわない方法を選ぶ。しかしここで2人のキャラクターには大きな違いが生まれてしまったのだ。
『ルパン』のスタッフは代役に栗田貫一を抜擢した。人気物まねタレントである。生前の山田は「自分に万一のことがあった時は」と栗田に話していたらしく、いわば指名を受けた正当な後継者ということになる。一方『ヤマト』のスタッフは、松本零士の推薦もあって若手実力派の山寺宏一を起用する。ある作品で富山と共演した山寺は、スタッフですら聞き間違うくらい似ていると業界では評判になっていた。
ではどちらがよりオリジナルのイメージに近いのか。ソックリ度ということならば、これは栗田に軍配が上がるだろう。元々得意の持ちネタだ。その芸をそのままアフレコ現場で発揮すれば良い。だが山寺はモノマネが得意とは言っても、れっきとしたプロの声優である。ただ真似をするのではなく、一度自分の中に取り込み消化してから山寺宏一として演じている。
その結果どういうことになるのかというと、ちょっとした言い回しや短いフレーズには故人を彷彿とさせるものがあるとはいえ、作品を通しで見た場合に山田康雄不在を痛切に感じさせてしまうのが現在の『ルパン』であり、富山敬不在は感じるものの新しいキャラクターとして受け止め得る余地が残されているのがその後の『ヤマト』ということになるだろうか。これはどちらが良いとか悪いではなく受け手の好みの問題でしかないのだが、ただ急遽白羽の矢を立てられた栗田には同情するものの、物まねは所詮物まねであり、長い目で見た場合はきちんと交替させる方が得策ではないかとは思う。
また山寺は富山が演じたもう一人の松本ユニバースの住人・トチロー役も引継ぎ、こちらもほとんど違和感なしで演じ切っているが、例えば栗田に山田のアタリ役だったクリント・イーストウッドの吹替えが出来るかといえば、これは難しい注文だろう。ただ恐るべきは栗田のポテンシャルの高さで、物まねもここまで徹底すればキャラクターを自分の方へと引き寄せることが出来るのだ、と証明しつつあることは一言申し沿えておこう。もし今後とも栗田ルパンで続けるならば、そろそろ物まねとしての枷を外し堂々と栗田貫一として勝負するチャンスを与えて欲しいと願うものである。
ところで有名キャラクターの代役というと、他に刑事コロンボが挙げられる。長年コロンボを演じた小池朝雄亡き後は石田太郎が務めているが、なかなか気付かないファンもいるくらい好評のようだ。これは元々の両者の声質が似ている上にプラスされた石田の演技力の賜物であり、稀有なケースだといえる。長寿キャラクターには避けて通れない道。一時凌ぎの安易な道ではなく、きちんとキャラクターの将来を見据えた選択を、製作スタッフには切にお願いしたい。 (e)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。