プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:コラム
大流行している『電車男』を考えてみた。流行する前からかの2ちゃんねるでこのスレを読んでいたら、感じ方は変わったのだろうけれど、やはり恋愛ものというのは老若男女問わず共感するものなんだなぁ…と感じた。そしてメディア展開。あらゆるメディアが題材にしてヒットを飛ばしているが、耳にしたものだけでも書籍化に始まって、漫画化、映画化、ドラマ化、舞台化、ドラマCD化と…多方面の作家がこの『電車男』を描いている。どうしてこんなに飛びつくんだろうと考えて、それは、原作に於ける登場人物たちの性格付けがはっきりしていないからではないかと思った。主人公の「電車男」自体の風貌と性格ははっきりしているが(これだけははっきりしていないと成り立たない)、主人公が憧れる「エルメス」や掲示板で実際に書き込んで「電車男」をバックアップする人物達は、姿形がまるっきりはっきりしていない。そこに想像の翼をはためかせる隙間が多大にあるのではないかと思った。「電車男」をバックアップする不特定多数の人間たち。この人間たちそれぞれに生活があって、「電車男」に勇気付けられたり、日常の生活が変わって見えたりして大なり小なりの様々なドラマが生まれる。そう思うと、現在のメディア展開は、一種の大きな同人活動ぽい気もするけれど、小説や漫画の原作と違って、登場人物の性格付けがはっきりしていないから、色んな人がこのドラマに自分の思惑を投影出来るのだと思った。そのことからオタクが更に市民権を得ていて、今やちょっとしたブーム。秋葉の取材などを見ていると、今は垢抜けた流行発信地のように行われているが、これによって少しでも秋葉に集う人たちのことが多くの人に知れ渡ったら、聖地と呼ばれる秋葉にも少し変わった空気が入り込むのではないかとこれからの変化に微妙に興味を持っている。

 それにしても恋愛の力は強い。そして勇気を持てる男の人は凄い。勇気を振り絞って絡まれている女の人を助けた話が今やこれだけのスケールに発展した。その時、誰がここまでのことを予想出来ただろう。勇気を振り絞ることが世界を動かすことが出来るのだと、歴史や小説ではなくリアルタイムな現象として今や実感している。

 ところで、ドラマCDのキャスト…。電車男:平川大輔なのはフムフムと納得するが、エルメスが島本須美って…。それにスレ住人役に渡辺久美子、古谷徹、緑川光、三石琴乃って…。あああ…もう…。 (r)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。