プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:コラム
18才の少年が、年上の交際女性の子供を虐待して死なすという痛ましい事件が起きました。児童虐待は、本当に心に突き刺さる悲しい社会現象であります。
 殺された男の子は、幼稚園の先生に「一緒にお風呂に入って欲しい。一緒に寝て欲しい。だっこして欲しい。の3つをお母さんに言って」と、願いを伝えていたそうです。幼稚園の先生はこの願いを本当に伝えたかどうかは、ニュースで見た限りでは分りませんでしたが、そういう子供からのシグナルがありながら、社会(通告を受けた児童相談所含む周囲の大人たち)は、男の子を救うことが出来ませんでした。誠に悲しいことです。
 子供を育てるということは、来る日も来る日も我が子の為に自分を費やすことでありますが、育児には必ず「成長」という大きな目に見える喜びがあります。その時は苦労しても、成長して一つ一つの物事を覚えて行く我が子の姿は、かけがえのない喜びであります。この大きな喜びがあるからこそ、育児の苦労も乗り越えられるというものです。そうではありませんか?
 この27才の母親は、我が子が殺されても、殺した18才の少年を庇ったといいます。何故。何故庇うのか。私には一つも理解出来ません。唯一の味方である母親からも庇ってもらえなかった男の子の願い。この願いはどこへ行けばいいのでしょう。この世にはないのですか。非常に痛ましく、憤りを覚えずにはいられない、誠に悲しい事件であります。 (r)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。