FC2ブログ

プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:コラム
1978年は春に『宇宙海賊キャプテンハーロック』と『SF西遊記スタージンガー』の放送が始まり、夏には『さらば宇宙戦艦ヤマト/愛の戦士たち』の公開、秋からは『銀河鉄道999』と『宇宙戦艦ヤマト2』の放送がスタート。
一週間の内、火曜が『ハーロック』、木曜が『999』、土日に『ヤマト2』と『スタージンガー』がオンエアーされるという充実ぶりだった(これに更に<東映まんがまつり>上映作品も加わるのである)。

翌79年は春先に『ハーロック』と『ヤマト2』、夏に『SF西遊記スタージンガーII』が相次いで放送終了するためTVレギュラーは『999』一本のみとなるのだが、なんといっても夏には劇場用大作『銀河鉄道999』の公開があり、単発ものTV作品『宇宙戦艦ヤマト/新たなる旅立ち』や『銀河鉄道999スペシャル』も作られているので、正にブームの絶頂期。
大晦日の「NHK紅白歌合戦」にも松本零士が特別審査員として出演している。

続く80年はキャラクターデザインとして参加した『メーテルリンクの青い鳥/チルチルミチルの冒険旅行』で幕を開け、前々年から継続して放送されている『999』は依然好調で2本の長尺スペシャル版もオンエアー。
夏には超大作『ヤマトよ永遠に』の公開と、TVスペシャル『マリンスノーの伝説』の放送があり、秋からは『宇宙戦艦ヤマトIII』の放送も始まっている。

前後して松竹歌劇団(SKD)が劇場版をベースにした『銀河鉄道999』のミュージカル版を上演、成功を収めるなど、依然<松本零士>ブランドの健在ぶりをアピールしてる。
そしてこの80年にはメディアミックス戦略の走りとも言える一大プロジェクトが始動するが、これは別稿に譲ろう。

だが作り手側がブームに便乗し、それに迎合した作品を送り出そうとした時は、既にブームは下火となっているのだ。
やれ「80年代はアニメの時代だ」だの、80年を称して「アニメ元年」「アニメ元禄」と持て囃すマスコミには大いに違和感を覚えたものだ。

ちなみに<松本零士ブーム>のピークは79年だとする意見を耳にする機会があるが、渦中にいた者の個人的な見解としては80年だろうと思う。
そして<松本零士ブーム>の終焉、イコール<アニメブーム>の終焉である。(e)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ