プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「本」のこと
昨今では”ライトノベル”という言葉があるようで。
昔は一口に”ジュブナイル”などと呼んでいたように思うんですが、”ジュブナイル”ではお子様向けでイヤだという人が”ヤング・アダルト小説”と称したりしているうちに、少年少女向けの軽く読める作品群ということで”ライトノベル”という名称が定着してきたようです。まぁ”ジュブナイル”では健全過ぎる気もしますし、一方の”ヤング・アダルト”ではヤング向けのアダルト小説?というイメージもありますから妥当なところでしょうかね。
これといって”ライトノベル”の定義はないようなんですが、作品内容としてはファンタジーやSF、ラブ・コメディなどが多いようですし、キャラクター中心、会話中心の作風、それにビジュアル面への依存度が高い(イラストが多く、その絵柄に売れ筋のマンガや人気アニメーション作品の要素が反映している)などなどが共通項として挙げられそうです。
世間一般には文芸・文学作品として一段低く見られているでしょうし、相手にもされていないんでしょうが、書籍が売れないこのご時世にあって数万から数百万部を売ってしまう実績は侮れません。
またこのジャンル出身者から直木賞作家まで輩出しているわけですから、まんざらバカにしたもんじゃありません。
かくいう自分も、かつては朝日ソノラマのソノラマ文庫や集英社コバルト文庫などを読み漁ったもんですから、今メディアワークスの電撃文庫や富士見ファンタジア文庫、角川スニーカー文庫などに飛びつく若い人は十分に理解出来ます。それにこれらの作品を読むことによって、活字離れが叫ばれている世代に読書習慣が浸透してゆけば万々歳ではないでしょうか。
ところが”ライトノベル”について書かれたものを読んでいると、どうも自分の認識とはギャップがあるようなんですね。
新井素子や氷室冴子あたりがライトノベル作家として名前を挙げられているのはまぁ良いとしても(?)、平井和正や高千穂遙、栗本薫、夢枕獏、菊地秀行、田中芳樹あたりまでもズラズラ並んでると、ちょっと待てよ、という気になります。
確かに皆さん軽めの作品も書いていらっしゃいますが、<クラッシャー・ジョウ>や<アルスラーン戦記>、<グイン・サーガ>もライトノベルなの?<幻魔大戦>や<銀河英雄伝説>なんぞ、生半可な読解力では付いていけないぞ~!!
・・・と声高に主張したくなったのですが、よくよく考えるとやっぱり自分にも”ライトノベル”に対する偏見、軽蔑する気持ちがあったということに気がつきました。文体の違いではなく読者ターゲットの違いでジャンル分けするならば、<ウルフガイ>も<創竜伝>も<ダーティペア>も<吸血鬼ハンターD>も、立派な”ライトノベル”ということになりますからね。
でも・・・何か解せない気分は残ります・・・・・・。 (e)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。