プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
『ヤマトよ永遠に』公開に当たっては、従来のように「オールナイトニッポン」での特番は組まれなかった。
では関連番組が何もなかったのか?というとそうではない。
実は7月4日から8月1日までの5週間、金曜2部(土曜早朝3時から5時まで)の「オールナイトニッポン」のパーソナリティーを、西崎義展が務めている。

『さらば宇宙戦艦ヤマト』は公開直前まで作業が続き、『新たなる旅立ち』は完成納品が放送前日、後の『完結編』では公開を一週間延期したにもかかわらず完成は公開日当日。地方では午前中の上映に間に合わないという事態が出来するなど、「ヤマト」といえばギリギリのスケジュールという印象があるが、こと『永遠に』に関してはかなり余裕があったようだ。
でなければ公開直前の一ヶ月間、一度も穴をあけることなく生放送を続けられるはずもなかったろう。

5回の放送の内容は、当然のように新作『永遠に』の宣伝が中心ではあるのだが、既にラジオドラマとしてストーリーの紹介が済んでいたためか、新しい情報はあまりなかった。
例外的なのは、ダビング時に岩崎宏美の歌う挿入歌「銀河伝説」がどうしても合わず、急遽そのB面用に用意された「愛の生命」に差し替えるというアナウンスがあったことぐらいか。確か公開の2週間ぐらい前ではなかったかと思う。
また、堀江美都子の歌う「おもかげ星」を使うシーンを一生懸命探している、との発言もあったが、これは結局実現していない。

それよりも面白かったのは、自ら語る西崎の半生。
親に反発して役者を志したことや、ナイトクラブの司会をしていたこと、音楽プロデューサーとして活躍していた頃、手塚治虫のマネージャーを経てアニメーションの世界に足を踏み入れたこと等々、”人間・西崎義展”の知られざる一面に触れられたことは、多感な時期だった一ファンにとっては大きなことだった。 (e)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。