プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
先日、ものまね歌合戦を見ていて思った。昔のアニソンは一ジャンルを築いていたなと。
 昔のアニソンは、歌詞中に作品のタイトルが入っていて、歌のタイトルも作品のタイトルのものが多かった。メロディーも歌詞も覚えやすいものが多く、鼻歌で歌えるものが主流で、放送終了から年月が経っても歌を聞くだけで作品の内容まで思い出すことが出来た。それが今では時代は変わり、アニソンがヒットチャートの上位にランクインし、カラオケでヒットソングとして歌われる。今のアニソンは、CMやドラマの主題歌と同じ観点にあるように思う。
 昔のアニソンは、主題歌が作品の顔とも言えて、『宇宙戦艦ヤマト』は、TVシリーズが『2』『3』と進んでも始めの歌詞のまま使用されていた。インパクトが強過ぎるとそのようなことにもなるが、「ヤマトと言えばあの歌」という誰にでも分かる図式があった。作品のタイトルと歌が同時に思い浮かんで来るという図式。ところが現代は、確かに作品の主題歌ではあるけれど、作品を主張するという志を持った歌ではなくて、一般のヒットを目指したアーティストの1曲として登場する。曲自体のヒット。…うーむ。時代は様変わりしている。
 確かに歌である以上、ヒットチャートの上位にランクインすることは、作品のファンとしては嬉しい。みんなにも聞いてもらいたいと思う。だが、作品と同様の愛情をその主題歌にも感じるか、となると、少し難しいかも知れない。年月が経ってカラオケに行った時、懐かしんで歌えるかどうか。古いヒット曲として感じてしまわないだろうか…。少しばかり懸念を感じる。当サイトのコンテンツに「テレビまんが主題歌BOX」というアニソンレビューがあるが、最近のアニメ主題歌のレビューを投稿するには、少々の戸惑いを覚える。シングルレビューの方がしっくり来るのではないか…と思う曲が結構ある。
 時折TVやラジオなどでアニソン特集を組むことがあるが、現代のアニソンが出て来た時盛り上がることが出来るだろうか…というよりもはやアニソンでは括れない時代になっているように思う…。時代はアニソンをも変えて行く…。 (r)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。