プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「スポーツひとこと言わせろ!」
ヤクルトの石井一が急転直下メジャー行きを表明。
また近鉄・中村紀、巨人・松井らは来年以降のメジャー移籍を睨んでの単年契約。
野球選手のメジャー志向は益々強くなるばかりで、球界関係者も慌てふためいている様子。
「日本球界のことを考えて残って欲しい」というOBの発言もあったりするのだが、はたして「残る」ことが「球界のため」なんだろうか。
例え何人ものスター選手が海外へ行こうが、毎年毎年優れた選手が登場してくる、その新陳代謝こそ大切なんじゃなかろうか。そして今度は海外帰りの選手たちが、再び日本球団のユニフォームに袖を通す。メジャーで学んだことを、日本のファンの前で披露してくれる。そんな環境作りが、野球界活性化に繋がると思うのだが如何なものだろうか。

これとは逆に海外から日本へやってくる選手に対して、外国人選手枠の見直しが提案されている。3人までという人数制限は変わらないものの、現在の「野手2人+投手1人」もしくは「野手1人+投手2人」という組合せの制約をなくし、投手3人や野手3人も可とする提案だ。これが実現すれば先発・中継ぎ・押えと全て外国人投手によるリレーや、オール外国人のよるクリーンアップが見られるかも、ということなのだが、選手会側はこれに反発している。その主張として「日本人選手の活躍の場が少なくなる」というのがあるのだが、これも何か違うのではないか。二流の日本人選手のプレーを見せられるよりも、一流の外国人選手のプレーを見るほうが楽しいはず。プロたる以上、国籍云々ではなくあくまでも実力社会であるべきだ。いっそ枠を全廃して、全員外国人選手の球団を作ったっていいと思う。それで野球が面白くなりさえすれば。
色々な意味で国際化を考える時代になってきた、ということだ。  (e)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。