プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:コラム
東日本大震災から早2か月以上が過ぎた。
3月11日の震災発生から今月11日までに気象庁が発表した「緊急地震速報」は73回。これは2007年10月の運用開始から、大震災前までの約3年半の間に発表された17回の4倍以上になる。

「緊急地震速報」は最大震度が5弱以上と予測された場合に、震度4以上だと見込まれた地域を対象に発表されるのだが、大震災以後では所謂「外れ」が実に6割以上に上るのだという。

気象庁が「不適切」だと判断したのは、73回中47回で64%。発表対象地域の中に、震度2以下の場所が含まれていたからだ。
またその中には、対象地域全てで震度2以下しか観測されなかったケースは20回あるとのこと。

それに発表が間に合わず、実際の揺れが始まってしばらくしてから速報が出た、という声も聞く。
元々確度の問題では色々と指摘はされていたようだし、今回の震災が”想定外”だったということもあるようだが、未だに抜本的解決は見出せないようで、信頼度の低下は致し方ないところか。
ちなみに大震災前に「不適切」としたのは29%だったそうだ。

ただ、僅かな時間であっても揺れに対する備え、特に”心の備え”が出来るという点では、このシステムも大いに意義があると思うのだが如何なものだろう。
いきなり震度3や4の地震に襲われるより、事前に震度5クラスの揺れが来る可能性があると言われ、結果的にそれが震度3程度で済めば、安堵こそすれ文句を言う筋合いではないと思うのだ。
勿論「完全な空振り」――震度4なり5なりの地震が来ると発表しながら、揺れが全く感じられなかった――というようなケースが頻発するようなことにでもなれば、単なる傍迷惑な話ではあるが。 (e)
スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。