プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:「スポーツひとこと言わせろ!」
スピード社が今年2月に発表した”レーザー・レーサー(LR)”。この新商品を着用した選手が、長水路で今季実に18もの世界新記録を樹立ということで一躍話題になりました。一時は水着自体の違反性も問われましたが、国際水連が問題なしと判断したことで、各国の有力選手がこぞって着用するという流れになっています。今年の北京オリンピックでは稀に見る新記録ラッシュに沸くことになるかも知れません。
しかし日本選手は、日本水連とミズノ、アシックス、デサントの国内三社との契約の関係上、着用することが出来ないということになっています。

ところが6日行われた競泳のジャパン・オープンで、試験的にLRを着用した北京五輪代表選手が男女5種目で日本新記録をマークしたことから、日本水泳界には激震が走っています。春ごろから、国内三社以外のメーカーの水着の着用を認めてはどうか、という声が挙がっていましたが、これで一気に議論に加速がつきそうです。

競技そっちのけで水着だけが話題になってしまうのは本末転倒なような気もしますし、LRを着用したからといって必ずしも記録更新が約束されているわけでもありません。また着用したのは代表クラスの選手たちですから、元々高記録が出ても不思議ではないのかも知れません。
しかし世界の流れがそちらに向かっている現状を考えると、少なくても選手側に選択の自由を与えるべきなのではないかと思います。
LRを着用しても記録に繋がらなければ諦めもつくでしょうが、「もしLRを着用していたら、もっと好結果が残せたのに」という思いだけは選手にさせるべきではないと思います。

しかし「昔は褌で泳いでいた。水着くらいでそんなに変るものか。」という、日本水連の古橋広之進名誉会長の発言は頂けませんね。
実際には差は出ないとしても、根性、根性の精神論では今時の選手も、そして観客もついてこないでしょう。要職にありながら、時代の流れ、テクノロジーの進歩というものを全く理解していないのは、現在では許されざることなのかも知れません。(e)
スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。