プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
一昨日の日経の記事の見出しです。
これまで平均10~30億円の興行収入だった<東映アニメフェア>が、今年の夏は4億5千万という惨敗。その敗因を、最近のハリウッド映画のトレンドがファンタジーに流れ、親子で楽しめる大作が出ている(『ハリー・ポッター』や『ロード・オブ・ザ・リング』のことだ)ため、子供向けの<アニメフェア>が選ばれ難くなっていると分析。一方で『ポケモン』や『名探偵コナン』、『千と千尋の神隠し』や『猫の恩返し』といったスタジオジブリ作品を擁する東宝はヒットを連発していることを鑑み、来春は『ワンピース/デッドエンドの冒険』一本で勝負をかけることになった。しかも<アニメフェア>の名称を廃し、例年より2週長い8週間の公開(3月1日から4月下旬まで)で40億円の興行収入を目指すと言うから強気だ。さらに夏の休止も検討中とのこと。老舗と言えども刷新を迫られている――というのが記事の結びだった。
かつての『宇宙戦艦ヤマト』や『銀河鉄道999』などのヤングアダルトをターゲットにした長編が公開されていた時分に一時的に休止したことはあるものの、30年以上の伝統を持つ<東映アニメフェア(”まんがまつり”時代を含めて)>。色々なものを楽しもうというのは、今の時代に合わないのかもしれない。『ゴジラ』と『ハム太郎』の2本立てでも、『ハム太郎』が終わればとっとと引き上げるこのご時世。好きなもの、見たいものだけ選ぶということでもあるのかも。 (e)
スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。