プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
『Queenエメラルダス』との最初の出会いは、文化放送でオンエアーされたラジオドラマ。
正確に言うならば、そのラジオドラマを収録したLPレコードだった。
これは逸早く松本零士ファンに鞍替えした(?)友人が貸してくれた。

一聴してすぐに嵌った。
既に「枯木霊歌」と「星の旅人」という2曲の主題歌(挿入歌)は聴いていたが、TVアニメ「宇宙海賊キャプテンハーロック」と同じ横山菁児の音楽に彩られた世界(歌曲の作曲は菊池俊輔)は、「ハーロック」からの移行をスムーズにしてくれた。
そして肝心のドラマよりも夢中にさせられたのが、ライナーノーツに寄せた松本零士の文章。
そこには「エメラルダス」と「ハーロック」、それに「銀河鉄道999」は同じ世界を構成する物語であることが明記され、ハーロック、エメラルダス、メーテル、そしてトチロー、更には海野広や星野鉄郎との関係にも触れられており、夢が大きく広がったのだ。

その後にこれまた友人に借りた漫画版を読了。
だがラジオドラマ版のイメージが強すぎたため、かなりの違和感を覚える結果に。
なにせラジオドラマ版では、エメラルダスの最愛の人(=トチロー)の声がささきいさおなのである。
またラジオドラマ版には海野広も出てこない。
その違和感を払拭するためにはしばらく時間を要した。

その間にTV版「ハーロック」にはエメラルダスを模したエメラーダなるキャラが登場したが、これには若干の失望感が。というより、この時期既にTV版「ハーロック」は原作とのあまりの乖離ぶりに辟易していたのだが。
動く”本物の”エメラルダスに出会うのは、TV版「999」へのゲスト出演まで待つことになる。(e)
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
『SF西遊記スタージンガー』に続いてTV放映されたのは『銀河鉄道999』。
ただ当初は『999』に抵抗があった。
蒸気機関車が空を飛ぶというシチュエーションに得心がいかなかったし、何よりも主人公・星野鉄郎のデザイン。
『キャプテンハーロック』の台羽正のような美少年キャラならばすんなりとのめり込めたのだろうが、このデザインは受け入れられなかったのだ。

なので友人からの強い勧めがあったものの、『999』のコミックを読みはじめるのはもう少し後になってから。
代わって『ハーロック』の漫画に続けて手に取ったのは『Queenエメラルダス』。
エメラルダスはハーロック同様に宇宙海賊という設定だし、この両者にはどことなく似た匂いが感じられたのだ。
また『エメラルダス』に出てくる副主人公格の海野弘も、台羽正に比べれば多少崩れた印象だが、こちらはさほど違和感なく受け入れることが出来た。
ただ、『エメラルダス』との出会いは漫画が最初ではない。(e)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
 もう一つのマイベストを作るというのは想定外のことだったのですが、先に公開したマイベストに入れたいけれども入れられなかった曲があったため、その曲をメインにして作ってみました。

 差し詰めこちらはB面といったところです。ストーリー性ではなくイメージ性で組みました。この2枚のマイベストでようやく自分の中で納得出来たしだいです。(r)


 曲名、作・編曲者名後ろの()内は、(序曲、音楽集1~3、Best Collection1~2 - トラックNo.)です。尚、「序曲」は、ナレーションなし版です。


1「宇宙戦艦ヤマト・メモリアル」 宮川泰 (序 - 7)
2「ディンギル星」 羽田健太郎 (音1 - 8)
3「ディンギル星の水没」 羽田健太郎 (音3 - 7)
4「ウルクの大テーマ」 宮川泰 (B.C.2 - 6)
5「大ディンギル帝国星」 宮川晶(現・彬良) (序 - 4)
6「水の惑星アクエリアスとクイーン・オブ・アクエリアス」 宮川泰 (序 - 5)
7「ファイナル ヤマト 斗い」 宮川泰 (音3 - 2)
8「ファイト! コスモタイガー」 宮川泰 (音1 - 9)
9「新コスモゼロ」 宮川泰、羽田健太郎 (B.C.2 - 9)
10「雪の悲しみ」 宮川泰 (B.C.2 - 5)
11「古代君よかった」 宮川泰 (B.C.1 - 6)
12「悲愴のボレロ」 羽田健太郎 (B.C.1 - 12)
13「沖田と古代」 宮川泰 (音3 - 6)
14「アクエリアス レクイエム」 羽田健太郎 (音2 - 12)
ボーナストラック「宇宙戦艦ヤマト'83」 (ヤマト・ザ・ベスト - 17)

合計タイム:80分13秒
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
当時はCDなんてまだありませんから、LPの収録時間を想定したベストを、『永遠に』同様今回も考えてみました。
そしてこれまた公開前の「オールナイトニッポン」特番での使用例などから、あくまで公開前に発売されるサントラ盤というイメージで組み立ててあります。
まさかあんなに何枚もLPが出るなんて考えてもいなかったし、「冥王星海戦」も「新コスモゼロ」もちゃんと当該シーンに流れるんだろうなあと漠然と思っていたし……。

 1.「水の星アクエリアス」(1-1)
 2.「移動要塞」(a-8)
 3.「ユキ」(1-5)
 4.「冥王星海戦」(1-7)
 5.「ルガールJRの戦争」(1-4)
 6.「FIGHT!コスモタイガー」(1-9)
 7.「新コスモゼロ」(a-9)
 8.「ウルクの歴史」(1-6)
 9.「神殿部の斗い」(a-4)
 10.「薄幸のディンギル少年」(2-10)
 11.「ウルクの猛攻」(b-4)
 12.「神秘の星アクエリアス」(1-10)

うーん、少しはCDヴァージョンと差別化、図れていますかねえ。(e)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
 曲名、作・編曲者名後ろの()内は、(序曲、音楽集1~3、Best Collection1~2 - トラックNo.)です。尚、「序曲」は、ナレーションなし版です。

1「ヤマト悲愴なる出撃」 宮川泰、羽田健太郎 (音1 - 3)
2「二つの銀河」  宮川泰 (音2 - 1)
3「ハイパー放射ミサイル」 羽田健太郎 (音2 - 4)
4「ユキ」 宮川泰 (音1 - 5)
5「ヤマト出撃」 宮川泰 (序 - 6)
6「冥王星海戦」 宮川泰 (音1 - 7)
7「ルガールJRの戦争」 宮川泰 (音1 - 4)
8「FIGHT コスモタイガーII」 宮川泰 (B.C.1 - 8)
9「抜けるヤマト」 羽田健太郎 (音3 - 5)
10「大魔神」 羽田健太郎 (音2 - 5)
11「ウルクの歴史」 羽田健太郎 (B.C.2 - 2)
12「水の星アクエリアス」 宮川泰 (音1 - 1)
13「神秘の星アクエリアス」 宮川泰 (音1 - 10)
14「驚異のニュートリノビーム」 羽田健太郎 (音3 - 1)
15「超巨大戦艦ガルンボルスト」 宮川泰 (音2 - 8)
16「ルガール総統の斗い」 宮川泰 (音3 - 8)
17「ディンギル少年のテーマ」 羽田健太郎 (音3 - 4)
18「島を想う」 宮川泰 (B.C.1 - 5)
19「ファイナルヤマト」 宮川泰 (音2 - 6)
20「SYMPHONY OF THE AQUARIUS」 羽田健太郎 (音2 - 13)

合計タイム:78分06秒


 うをっ!しまったったったっっ!!『ファイナルへ向けての序曲』を入れてもうた!日頃のクセで徳間盤の2枚組を1つのアルバムとしてカウントしてました(汗)。
 …でも…前々から『完結編』のマイベストを作るとしたら「ヤマト出撃」は入れたる!と決意してたので、どうか大目に見たってください。(頭下)
| BLOG TOP |

copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。