プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:コラム
宮川先生の命日に合わせた相方さんの企画に、自分も参加することにしました。
だからというわけではないんですが、ハネケンさんの曲はオミット。バランスの問題ですね。

こんな感じになりました。

「宇宙戦艦ヤマト 40th Anniversary 音楽集ベスト/音楽で辿る宇宙戦艦ヤマトの旅路」
1.The Sun 太陽のシンフォニー
   (『交響組曲宇宙戦艦ヤマトIII』)
2.ファイナルヤマト斗い
   (『宇宙戦艦ヤマト完結編音楽集Part3』)
3.誕生
   (『交響組曲宇宙戦艦ヤマト』)
4.水の惑星アクエリアスとクイーン・オブ・アクエリアス
   (『宇宙戦艦ヤマトファイナルへ向けての序曲』)
5.デスラー 襲撃
   (『さらば宇宙戦艦ヤマト音楽集』)
6.都市帝国(ガトランティス)
   (『さらば宇宙戦艦ヤマト音楽集』)
7.決戦~挑戦=出撃=勝利~
   (『交響組曲宇宙戦艦ヤマト』)
8.重核子爆弾
   (『ヤマトよ永遠に音楽集Part1』)
9.暗黒星団帝国ー自動惑星ゴルバ―
   (『宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち音楽集』)
10.新コスモタイガー
   (『宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち音楽集』)
11.ボラー連邦
   (『交響組曲宇宙戦艦ヤマトIII』)
12.ガルマンガミラスの戦い
   (『交響組曲宇宙戦艦ヤマトIII』)
13.デスラー 孤独
   (『さらば宇宙戦艦ヤマト音楽集』)
14.イスカンダル
   (『交響組曲宇宙戦艦ヤマト』)
15.ヤマト瞑想
   (『宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち音楽集』)
16.出発(たびだち)
   (『交響組曲宇宙戦艦ヤマト』)
17.新銀河誕生
   (『ヤマトよ永遠に音楽集Part2』)
18.明日への希望~夢・ロマン・冒険心~
   (『交響組曲宇宙戦艦ヤマト』)

最初は「誕生」から始めようと思ったのですが、宇宙戦艦ヤマト誕生の前に戦艦大和を持ってくるべきでは?と考え「ファイナルヤマト」をその前に。
更に平和ムードから一転して何かが起こりつつある感じを出そうと最終的に「The Sun」を1曲目にしました。
「水の惑星アクエリアスとクイーン・オブ・アクエリアス」を1曲目にして、”宇宙神話”から始めることも考えたんですが、ちょっとピントがぼやけそうなのでボツ。

後はシリーズの相手役の代表的なメロディーを置き、合間合間にヤマト主体の戦闘テーマを挟んでます。
「白色彗星」は使いたかったんですが、パイプオルガンは全体の中で浮きそうなので「都市帝国」を代わりに。
またディンギル帝国は色々な曲が作られすぎて1曲に絞れないので、諸悪の根源である(?)アクエリアスで代用させていただいております。

悩んだのは「大いなる愛」をどうするかで、音楽集収録のテイクは『さらば』だけならば終曲として扱えてもベスト盤としては今一つの感があったので、『新たなる旅立ち』の「ヤマト瞑想」に代え、ラストにはどうしても「無限に広がる大宇宙」のメロディが欲しくて『交響組曲』の「序曲」も考えたのですが、ここは最後らしい盛り上がりが欲しくて「明日への希望」となりました。

『ファイナルへ向けての序曲』に収録されている「宇宙戦艦ヤマト・メモリアル」や、『さらば宇宙戦艦ヤマト音楽集』の序曲などを選べば代表的なメロディは網羅出来るんですが、それはズルだなと思い今回は断念。
なのであれがない、これもない、と今回はかなり不本意な選曲になってしまった感がありますね。
例えば「想人」や「サーシャ(澪)」「シャルバート星」あたりは好きな曲だから何とかしたかったし、盛り上がりを考えれば「アンドロメダ」~「新コスモタイガー」~「未知なる空間を進むヤマト」~「FIGHT!コスモタイガーII」のコンボを持って来たかったし…。

ただ、今回は対象となっていない『交響組曲新宇宙戦艦ヤマト』が、自分にとってはかなりベスト盤に近い選曲なもので、こちらをベースに出来ればもう少し満足度の高いものになったのではないか、と思っています。(e)
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:コラム
 制約は、CD1枚に収まること。
 曲名の隣りの()は、収録アルバム名。

1「誕生」(交響組曲 宇宙戦艦ヤマト)
2「決戦~挑戦=出撃=勝利~」(交響組曲 宇宙戦艦ヤマト)
3「白色彗星」(さらば宇宙戦艦ヤマト 音楽集)
4「デスラー 襲撃」(さらば宇宙戦艦ヤマト 音楽集)
5「大いなる愛」(さらば宇宙戦艦ヤマト 音楽集)
6「別離 -愛しきものよ -」(新たなる旅立ち 音楽集)
7「大戦争 -ゴルバ・デスラー・ヤマト -」(新たなる旅立ち 音楽集)
8「重核子爆弾」(ヤマトよ永遠に 音楽集 PART1)
9「未知なる宇宙空間を進むヤマト」(ヤマトよ永遠に 音楽集 PART1)
10「澪 (ミオ) のマーチ」(ヤマトよ永遠に 音楽集 PART2)
11「新銀河誕生」(ヤマトよ永遠に 音楽集 PART2)
12「THE SUN 太陽のシンフォニー」(交響組曲 宇宙戦艦ヤマトIII)
13「ボラー連邦」(交響組曲 宇宙戦艦ヤマトIII)
14「ガルマンガミラスの戦い」(交響組曲 宇宙戦艦ヤマトIII)
15「シャルバート星」(交響組曲 宇宙戦艦ヤマトIII)
16「二つの銀河」(完結編 PART2)
17「水の星アクエリアス」(完結編 PART1)
18「超巨大戦艦ガルンボルスト」(完結編 PART2)
19「ヤマト出撃」(ファイナルへ向けての序曲)
20「無限に広がる大宇宙」(交響組曲 宇宙戦艦ヤマト「序曲」より)

合計タイム:71分32秒
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:コラム
 「宇宙戦艦ヤマト」のTV放送開始から40周年を迎えました。そして本日は、宮川泰先生の9回目の命日です。

 先日には舞浜アンフィシアターにて「2199」のコンサートが行われ、音楽を担当された彬良さんが指揮をされ、再現曲を含む最新のヤマト音楽が披露されました。40年経った今もファンに愛され続ける音楽を生み出して下さった宮川泰先生への敬意を表し、「Part.1」~「完結編」までの音楽集のベスト盤を作りました。

 私の呼びかけに応えて下さいました相方さんことExcaliburさんに、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。(r)

 曲目リストの記事はこちら→「宇宙戦艦ヤマト 40th Anniversary 音楽集ベスト/音楽で辿る宇宙戦艦ヤマトの旅路」<Kubota's SELECT>

 相方さんの記事はこちら→「祝!40周年 音楽集ベスト盤を作ってみた」<Excalibur's SELECT>
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:コラム
昨晩、子どもたちのリクエストで夕飯にラーメンを食べに行ってきた。
ゴールデンウイークということもあり、店内はほぼ満席だったものの回転が早く、あまり待たずに席に着くことができた。
それはよかったんだけど、椅子の下に誰かがコップの水をこぼしたのか水たまりができていてそれを掃除をしてなかったのが嫌だった。
そして注文を取りに来た若いおねえさんがこれまた無愛想なこと。こういう態度のおねえさんなら掃除しないのも仕方ないかな…と思うほど。
ラーメンの味は美味しかったけど、その他のことで色々と残念な店だった。

その夜、TVで「行列」を見てたら草野さんがレストランの若い従業員にツイッターで悪口を書かれたことに対して怒っていた。
ここでも飲食店の若い従業員のいただけない態度が問題になっていた。

バイトの子たちは店から賃金をもらうからピンと来ないのかも知れないけど、店としては客が来て売り上げがあって賃金を払えるのであって、従業員の態度が悪いがゆえにマイナスイメージが広まって客が寄り付かなくなって売り上げが落ちたら賃金が払えなくなり、回り回って解雇という事態になったら困るのは雇われてる自分だということを想像した方がいいと思う。

食事は、味と一緒に雰囲気や印象も味わうものだから、飲食店はサービス業であるということを、特に若い人には自覚してもらいたいと思った外食体験だった。(r)

2014ラーメン
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:コラム
 先日、車で仕事場に向かう途中、片側二車線のうち歩道側の車線を走行中に対向車線から1台の車がこちら側の車線に進入して来るという場面に直面した。

 私の走っている車線ではないものの、隣りの中央寄りの車線を走っていた車が咄嗟にスピードを落としてクラクションを鳴らし、並走していた私も同様にスピードを落としてクラクションを鳴らして警告した。

 音に気づいたのか、逆走していた車は徐々に減速し、隣りの車線の車と向き合う形でストップ。後続車も異変に気づいて止まったので、私はその逆走車の隣りに車を止めて窓を開けて「こっちは反対車線ですよ!」と大きな声で注意した。

 すると、逆走車の窓を開けて顔を出したのは高齢の女性ドライバーで、「えっ?」という表情。私がもう一度大声で「こっちは反対車線で逆走してるから、あっちの車線に戻って!」と注意すると、今度は理解したらしくゆっくりと本来の車線へと戻って行った。

 幸い交通量が少ない曜日と時間帯であったので今回のようなことができたけど、これがもし平日の通勤ラッシュ時だったらどの車も急には止まれなくて、おそらく正面衝突と玉突きの大事故に繋がっていた。そう思うとぞっとしてしばらく動悸が治まらなかった。

 逆走していたその車は、高齢ドライバーを示すマークを付けていたが、対向車線をはみ出して正面から走って来ると運転者の年齢を問わず車は凶器でしかない。高齢ドライバーの事故の増加はニュースなどで見聞きしていたが、いざ自分がその場面に直面して恐怖を味わった。今後はより一層周囲に注意を払って運転するようにしようと思った。 (r)
| BLOG TOP |

copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。