FC2ブログ

プロフィール

chaos infinity

Author:chaos infinity
レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」は、映画、音楽、本などなど…メディアで目にした作品の思い出や感想(レビュー)を投稿できるサイトです。

ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
『新竹取物語1000年女王』は連載のスタート時点でアニメ化も決定しており、東映動画が製作し、TVシリーズは81年春からフジテレビでオンエアー、劇場版は82年春に東映系で公開。
ラジオはニッポン放送がサポートし、サンケイ出版は連載漫画の単行本化やノベライズ版の刊行(中断され未完で終った)を行い、『銀河鉄道999』舞台版を成功させたSKDによる舞台化、更には「国際科学技術博覧会(つくば博)」との連動も視野に入れ、他にも幾つかのイベントを準備していた。
80年代にフジ・サンケイグループは互いに連携しながら様々なイベントを行うが、その走りとなったのがこの『1000年女王』だった筈である。

その中心となるべく『銀河鉄道999』の後番組として満を持して始まったTVシリーズの『新竹取物語1000年女王』だったが、『999』ほどの人気は得られずひっそりと終了した印象がある。
実際は当初から予定されていた一年間の放送を全うしているのだが、途中で野球中継や特番などで休止になった回も多く、放送された話数は大凡10か月分相当だったこともそのイメージに拍車をかけている。
また主人公の雪野弥生をはじめとする女性キャラクターが、いわゆる”松本美女”とは異なるイメージでデザインされていたことも、ファンにそっぽを向かれる要因だったと思われる。

一方、TV版の最終回を間近に控えた時期には劇場版の『1000年女王』が公開された(「新竹取物語」の冠は付かない)。
雨森始に焦点を当てたTV版に対しこちらは弥生が中心で、デザインは原作に準拠。
「1000年女王はメーテルだった」と『999』に絡めた宣伝も行われたが、作品内では『999』とのリンクを示す要素もなく空回りに終わっている。

特にこの時期は雪野弥生とメーテルに関する松本零士の発言はブレまくり、『1000年女王』連載開始直後には「雪野弥生=プロメシューム(メーテルの母)」と明言しており、映画『さよなら銀河鉄道999』にもそれを踏まえたと思しき描写があるのだが、何故か『1000年女王』劇場版の公開が近付くにつれ急遽「雪野弥生=メーテル」であると前言を撤回している。

その後90年代の終わりから00年代にかけて再ブームが訪れた際には、再び「弥生=プロメシューム」となり現在に至っているが、当時としてはファン向けのアピールだったのかもしれないが、メーテルが主人公だからと言って一般観客が『1000年女王』に関心を寄せるとは思えず、逆に熱心なファンほど混乱を覚えるという点でこれは戦略ミスだっただろう。

これが松本零士ブームの終わりの始まり。
だが82年は春の『1000年女王』に続いて夏には『わが青春のアルカディア』と年に2本の松本アニメが公開。更に翌83年は春に『宇宙戦艦ヤマト完結編』、夏に『クィーン・エメラルダス』とこれまた2本の松本アニメが予定されていることが公表されていたので、その終焉の足音にはまだ気づいていなかったのだ。(e)
スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
1980年に始動したビックプロジェクト、それは『新竹取物語1000年女王』。

まず1月から「サンケイ新聞」で「一日1ページ」「全1000回」ということで連載がスタート。
その前夜(当日早朝)にはニッポン放送の『オールナイトニッポン電話リクエスト』枠で、前人気を煽る特番「午前零時松本零士です」が放送された。

松本零士本人をメインパーソナリティに招き、関係者(手塚治虫、西崎義展、牧美也子、下宿先の大家一家など)にインタビュー取材したライフストーリーや、松本作品の名場面紹介(「オールナイトニッポン」4時間生ドラマ『宇宙戦艦ヤマト』からの抜粋や、「キリンラジオ劇場」で放送された『ザ・コクピット』、更にその週にTV放送予定分の『銀河鉄道999』のエピソードのお披露目など)に加え、『1000年女王』もドラマ化するという力の入れようだった(配役は雪野弥生に池田昌子、雨森始に古谷徹)。
そして連載開始から約2年間、『1000年女王』は様々なメディアを駆け巡ることになる。

因みにこの「午前零時松本零士です」は翌年3月まで、都合3回放送された(2回目は日高敏との共著『漫画歴史大博物館』刊行に合わせたもので、3回目はSKDの『新竹取物語1000年女王』公演を前にした特番であった)。 (e)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:コラム
スーパーにて。

入口に置いてある機械にカードを挿入して来店ポイントをもらう。

レジで購入金額に応じたポイントをもらうためカードを店員に渡す。

返してもらったカードを支払いのためにリーダーにかざす(または挿入する)。

一度の買い物で3回もカードを使うこの流れが結構手間。

せめてレジではカードのやりとりを1回で済ませられないものだろうか。

それに、カードなんだからサクッとスマートに買い物にしたいのに、レジで「クイックペイ(またはiD)で」と言うと、「どのカードですか?」と質問されてカードをじろじろと見られることがある。これって失礼じゃなかろうか。「他店グループで作ったカードだと買い物ポイント付きませんよ」という親切心からなんだろうが、他人のカードをそんなじろじろ見るなよ…といつも思う。(ここの買い物ポイントが付かなくてもカード会社のポイントが付くからいいんだよ!)と、内心で言い返しながら、無表情を装って「クイックペイ(またはiD)で」ともう一度言う。

ここでもう一度言うが、レジでのこの流れが結構手間。

Apple Payでも同じ流れになることがあり、ちょっとイラッとする。ポイント付与のために「カードお預かりします」と言われ、わざわざ財布を取り出してカードを渡し、返してもらい、支払いをiPhoneでする。こっちはスマホ一つで済ませたいのに、何なんだ!この手間は!

キャッシュレス決済のポイント還元のため、せっせとカードを積極的に使っているのだが、かえってレジでの会話のやりとりが増えて面倒なことになってる。それに店によっては未だにキャッシュレス決済をよく理解していない店員もいたりして、カードはまだしも「スマホで」と言うと「え?スマホですか?」と狼狽られることもあった(ネタじゃなくて本当の出来事)。この時、レジに掲げてある「Apple Pay使えます」の案内文は嘘なのか?と不安になってしまった。

店員に不審がられたり狼狽られると、客は不安になって「やっぱり現金でいいですぅ」になってしまう(某CMの逆バージョン)。キャッシュレス決済を推し進めたいのなら、先ずは店側の理解力を深めて多種多様な決済方法に対してアレルギー反応を示さないことが急務だと思う。(r)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:コラム
1978年は春に『宇宙海賊キャプテンハーロック』と『SF西遊記スタージンガー』の放送が始まり、夏には『さらば宇宙戦艦ヤマト/愛の戦士たち』の公開、秋からは『銀河鉄道999』と『宇宙戦艦ヤマト2』の放送がスタート。
一週間の内、火曜が『ハーロック』、木曜が『999』、土日に『ヤマト2』と『スタージンガー』がオンエアーされるという充実ぶりだった(これに更に<東映まんがまつり>上映作品も加わるのである)。

翌79年は春先に『ハーロック』と『ヤマト2』、夏に『SF西遊記スタージンガーII』が相次いで放送終了するためTVレギュラーは『999』一本のみとなるのだが、なんといっても夏には劇場用大作『銀河鉄道999』の公開があり、単発ものTV作品『宇宙戦艦ヤマト/新たなる旅立ち』や『銀河鉄道999スペシャル』も作られているので、正にブームの絶頂期。
大晦日の「NHK紅白歌合戦」にも松本零士が特別審査員として出演している。

続く80年はキャラクターデザインとして参加した『メーテルリンクの青い鳥/チルチルミチルの冒険旅行』で幕を開け、前々年から継続して放送されている『999』は依然好調で2本の長尺スペシャル版もオンエアー。
夏には超大作『ヤマトよ永遠に』の公開と、TVスペシャル『マリンスノーの伝説』の放送があり、秋からは『宇宙戦艦ヤマトIII』の放送も始まっている。

前後して松竹歌劇団(SKD)が劇場版をベースにした『銀河鉄道999』のミュージカル版を上演、成功を収めるなど、依然<松本零士>ブランドの健在ぶりをアピールしてる。
そしてこの80年にはメディアミックス戦略の走りとも言える一大プロジェクトが始動するが、これは別稿に譲ろう。

だが作り手側がブームに便乗し、それに迎合した作品を送り出そうとした時は、既にブームは下火となっているのだ。
やれ「80年代はアニメの時代だ」だの、80年を称して「アニメ元年」「アニメ元禄」と持て囃すマスコミには大いに違和感を覚えたものだ。

ちなみに<松本零士ブーム>のピークは79年だとする意見を耳にする機会があるが、渦中にいた者の個人的な見解としては80年だろうと思う。
そして<松本零士ブーム>の終焉、イコール<アニメブーム>の終焉である。(e)

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:コラム
劇場版『銀河鉄道999』の大切なポイントとして個人的に上げたいのは、一つはTVシリーズは勿論のこと、原作漫画に先駆けて”結末”までを描いたことだろう。
もっともこの「最終回の先行公開」という手法は、結果として本編においては異なる結末を迎える、可能性の一つを描いたに過ぎない世界の披露、という弊害も生むことになってしまうのだが。

そしてもう一つは、他作品の主人公であるハーロックやエメラルダス、それに大山トチローといったキャラクターたちが星野鉄郎やメーテルと邂逅することである。
これまでの松本零士へのインタビュー記事などでは既に彼らが同じ世界の住人であり、互いに多くの接点を持っていることが明言されていたが、発表された諸作品では匂わせる程度。それがこの作品によって誰の目にも明らかになったのである。

昨今は<マーベル・シネマティック・ユニバース>の成功により、単なるシリーズ物ではなく、独立した作品であっても大きな同じ世界の話として関連付けるのが流行だが、この<松本零士ユニバース>はその先駆けになっていたかもしれない。
ブームが今少し長続きし、きちんと各作品間の調整を取っていたならば。

実際はこの『銀河鉄道999』という一個の作品でさえ、作者が上手くコントロール出来たとは言い難い。
簡単に言えば原作漫画、TVアニメ、劇場アニメの3つの『999』が存在してしまい、所謂どれが”正史”なのかが不明なのだ。

TVアニメは原作漫画を元にしており、そこからはみ出した部分はおそらくほぼ原作者が関知しない状態でスタッフ独自の解釈で作られたであろうから除外するとしても、まだ原作漫画と劇場アニメと2つの世界が残っている。
原作漫画には存在せず、劇場アニメにのみ存在するシーンやシチュエーションを前提にした展開が原作漫画においてなされるなど、混乱を極めたままになっているのはこの劇場アニメの弊害であろう。(e)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
劇場版『銀河鉄道999』は大ヒット作品となった。

公開前のイベントとして有名なのは、国鉄とタイアップしたミステリー列車だろう。
松本零士、野沢雅子、池田昌子、肝付兼太、麻上洋子らゲストを乗せた行き先不明の特別編成の列車が、上野駅を出発し終着駅のアンドロメダ・ステーションを目指すという趣向は評判を呼び、以後しばらくは同様のイベントが幾つか行われている。
ちなみに自分も応募したものの、敢え無く選に漏れている。

当日は文化放送がささきいさおをパーソナリティにして30分の特番を2回放送。
1回目は出発直前の様子を、2回目は終着駅到着の模様をそれぞれ生で実況中継を行い、更にその後で今度はフジテレビが同じくイベントの模様をダイジェストにした特番を放送するという力の入れようである。

終着駅のアンドロメダ・ステーションに擬せられたのは、栃木県の烏山駅。
もっとも鉄道ファンには、事前の様々な情報(運転時刻の変更など)から推測は可能だったようだ。(e)

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
劇場版『銀河鉄道999』が作られることを知ったのはいつだったろう?
TV放送開始直前だったか直後だったかの「アニメージュ」には映画化について触れている記事があるが、あまり記憶に留めていなかったから78年の暮れぐらいだったか。
年明け早々だったか春先には、当時加入していた東映アニメーションファンクラブの会報が大々的に取り上げていたので、「ヤマトの次は999か」と実感したと思う。

何れにせよTVシリーズの人気を受けての映画化ではなく、放送開始の前に決まっていたというのは凄いこと。それだけ「松本零士」ブランドに寄せる信頼が高かったということか。
しかし先行していた『宇宙海賊キャプテンハーロック』のTVシリーズは、視聴率的には(玩具の売り上げも?)苦戦していたはずなのだが。

劇場版『999』は前日から徹夜で並びこそしなかったものの、初日の早朝から映画館へ駆けつけた。
確か7時過ぎくらいに映画館へ着いたと記憶しているのだが、既に一回目の上映は始まっていて同じ建物にある別の映画館での代打上映に運良く潜り込んだ。
お目当ての先着プレゼントのセル画は貰えなかったものの、代わりにロビーカードを貰い、比較的空いていた劇場でゆったり観賞(代打上映の件は事前に告知がなく、緊急避難的な措置だったのだろう)。
見終って外に出ると、そこには長蛇の列が…。 (e)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:コラム

 10月から消費税が8%から10%へと増税となった。しかしこれがまたややこしい話で、生活用品や雑貨等は10%だが、持ち帰り食品は8%、店内で飲食する食品は10%となっているため、テイクアウトも行なっている飲食店の苦労が容易に察せられる。(持ち帰り食品でも、食玩は10%というのだからややこしい)


 私はスーパーではないが、とある全国展開をしている直営店のパート勤めをしていて、そこは生活用品や雑貨類の他、持ち帰り食品も多少扱っている。そういう店でレジをしているとお客様の様々な反応を見ることができる。お客様があらかじめ自分で計算されて財布からピッタリの額を出したと思ったら8%の額だったり、それとは逆にお釣りを渡した時に「これでは足りない」と指摘され「今月から消費税10%となりましたので」と説明しては「あ、そうか」というやりとりがあったり、雑貨と食品を同時購入されたお客様に支払い金額を伝えた時に「何でそんな金額?」と不思議な顔をされ「食品は8%、その他は10%です」と説明しては「ややこしいな」と不平顔をされたり、高校生や大学生などの学生が数人でやって来ると「あ~お金払う時に増税実感するよね~」「え~でも1円単位で変わったって大差なくない?」なんていう会話を目の前でされたりして、それに対して(ここに1円単位の時給をいかに多く稼ぐかで苦労しているおばさんがいますよ)と内心でツッコんだりしている私がいる。そもそも軽減税率という名称は何なのか。イメージ先行のその名称に違和感を抱いてる私としては、現場の手間が増えてるんですけど!と、政府に訴えたい気持ち。


 そして増税に合わせて政府が盛んに推し進めているキャッシュレス決済。これに関しては、地方住みににはまだまだ現実的に不便なところがあり、ポイント還元に釣られて利用したいがそうもいかない面も多い。特にスーパーでは、クレカを使うと店のポイントがつかない。イオンなどの大手は除き、地元のスーパーでは店ごとにポイントを貯めて割引券に換えることができるため、今まで貯めたポイントを考えるとなかなか踏ん切りがつかない。もし切り替えるなら、割引券発行直後などタイミングを見なくてはならないのですぐには無理。それに電子マネーも電車をほとんど使わない地方住みにはSuicaは実用的ではなく、その代わりとなるこれ一つでO.K.と言える電子マネーが存在しないのが実情。結局あちこちの店の電子マネーカードを作ることは、以前と同じく店ごとにポイントカードを作るようなもので、特にお金と直結しているだけにポイントカードよりも敷居が高い。店側としては、ポイントカードと電子マネーの一体化によってよりお客の囲い込みがしやすくなったと感じていると思うが、消費者としては、どの店の電子マネーカードにいくらの残高があるのかカード表面に印字されているわけではないので分かり難いことこの上ない。こと、キャッシュレス決済に関しては慎重に吟味して使い分けないと管理が大変になることは目に見えている。


 それよりも何よりも。地方では今でも現金のみのレジを使用している店が多い。ゆえに現金での支払いは今後も長く続くであろうということを考えると、とてもじゃないがスマホだけを持って買い物には行けない。結局、現金、カード、スマホの3つを持って買い物に行かけなければ用が済まない。今の時代、かえってややこしくなってないか?これが過渡期というものか…と、増税とキャッシュレス決済に頭を悩ませる2019年の秋。


 …と言いつつ、いそいそと某大手のスマホ決済アプリを利用してはありがたくポイントを頂戴しているのですけどね。(r)

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
TVシリーズの『銀河鉄道999』には、最後まで馴染めなかったような気がする。
蒸気機関車が空を飛ぶというヴィジュアルにも、ストーリーにも、メーテルと鉄郎、車掌といったメインキャラクターにも特別に惹かれるものはなかった。
そして音楽にも。
今でこそ「組曲 銀河鉄道999」は愛聴盤だが、青木望の音楽は自分にとって「異質なもの」だった。

原作漫画を読むようになると、今度はストーリーの改変いや改悪ぶりに我慢がならなくなり、この時期の東映動画作品にはよくあることだが作画の乱れが気になりだし…。
いやはや良い思い出が見つからない。

それでも放送一周年を迎え、2時間の『銀河鉄道999スペシャル』が放送される頃まではなんだかんだで毎週テレビの前に座り続けた。
『宇宙海賊キャプテンハーロック』とは違う失望を覚えながら、決して熱心な視聴者とは言えないまでも。(e)

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:「アニメ」のこと
『Queenエメラルダス』との最初の出会いは、文化放送でオンエアーされたラジオドラマ。
正確に言うならば、そのラジオドラマを収録したLPレコードだった。
これは逸早く松本零士ファンに鞍替えした(?)友人が貸してくれた。

一聴してすぐに嵌った。
既に「枯木霊歌」と「星の旅人」という2曲の主題歌(挿入歌)は聴いていたが、TVアニメ「宇宙海賊キャプテンハーロック」と同じ横山菁児の音楽に彩られた世界(歌曲の作曲は菊池俊輔)は、「ハーロック」からの移行をスムーズにしてくれた。
そして肝心のドラマよりも夢中にさせられたのが、ライナーノーツに寄せた松本零士の文章。
そこには「エメラルダス」と「ハーロック」、それに「銀河鉄道999」は同じ世界を構成する物語であることが明記され、ハーロック、エメラルダス、メーテル、そしてトチロー、更には海野広や星野鉄郎との関係にも触れられており、夢が大きく広がったのだ。

その後にこれまた友人に借りた漫画版を読了。
だがラジオドラマ版のイメージが強すぎたため、かなりの違和感を覚える結果に。
なにせラジオドラマ版では、エメラルダスの最愛の人(=トチロー)の声がささきいさおなのである。
またラジオドラマ版には海野広も出てこない。
その違和感を払拭するためにはしばらく時間を要した。

その間にTV版「ハーロック」にはエメラルダスを模したエメラーダなるキャラが登場したが、これには若干の失望感が。というより、この時期既にTV版「ハーロック」は原作とのあまりの乖離ぶりに辟易していたのだが。
動く”本物の”エメラルダスに出会うのは、TV版「999」へのゲスト出演まで待つことになる。(e)
| BLOG TOP |

copyright © 独言倶楽部 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ